すごすぎる「キムワイプ」の魅力!マスクの内側に入れるなど多彩な用途

便利グッズ・アイテム
この記事は約6分で読めます。

理科の実験室に必ずと置いてある「キムワイプ」
ティッシュでもペーパータオルでもない特殊な紙は、掃除以外にも様々な用途に使える万能な便利グッズなんです!

そんなキムワイプとは何なのか、用途や値段などまとめてご紹介します!

キムワイプとは?キムワイプの特徴

キムワイプはネット価格で1個あたり約200円~150円ほど。

公式の説明ではこうあります。

毛羽立ちや紙粉が少なく、拭き取り後も繊維が目立たない
独自のクレープ加工により、高い拭き取り性を実現

キムワイプは英語で書くと「KimWipe」となります。

Kimは製造会社であるキンバリークラークコーポレーション(Kimberly-Clark-corp)の頭文字をとり、
Wipeは「拭き取る」を意味する「Wipe off」から得ています。

その名の通り、主にふき取り紙としての用途で使用されます。
アルコールやエタノール、ベンジンといった科学物や油汚れをきれいに拭き取ることができ、主に業務用として使われる「産業用ワイパー」です。

キムワイプの質感と用途

キムワイプの質感はザラザラしていて意外と薄い質感をしています。
アルコールや油汚れを拭き取るので分厚い印象ですが、この薄さのおかげで細かい隙間などもしっかり拭き取ることができます。

油汚れなどを吸収させる場合は多く使うことになるので、消費量はとても多くなります。

そして薄いのに耐久性があります。
ティッシュのようにボロボロしないのも特徴で、精密機械やガラスビーカーなどに毛羽やホコリが付かないことも評価されています。使用シーンは主に業務用です。

ティッシュに比べて不純物が一切ない

ティッシュに比べて不純物が一切ないのも特徴の一つで、実験室やクリーンルームなど実験結果に影響してはいけない環境などでは重宝されています。

高校や大学の実験室にキムワイプが置いてある理由はこれが一番にあります。

キムワイプはガラスにも優しいのでメガネ拭きにも使えるほどのポテンシャルを誇っています。

キムワイプの「S-200」ってなに?

キムワイプはサイズ別に約4種類がラインナップされています。

  • S-200 mini(シートサイズ:96㎜×215㎜)
  • S-200(シートサイズ:120㎜×215㎜)
  • M-150(シートサイズ:225㎜×210㎜)
  • L-100(シートサイズ:470㎜×425㎜)

スタンダードはS-200と呼ばれるもので、形状は一般的なティッシュ箱のような長方形ではなく正方形に近い形をしています。

この正方形は、主に使われる実験室で実験器具などと一緒に机の上に置いても邪魔なにならない形状を突き詰めた結果、この独特な形がスタンダードになったそうです。

キムワイプってどこで買える?

そんな便利なキムワイプですが、なかなかお店で見ない商品なので、どこで売られているかリストアップしました。

  • ホームセンター
    • カインズホーム
    • コーナン
    • コメリ
    • ナフコ
    • ダイキ
  • ドラッグストア
  • 東急ハンズ
  • LOFT(ロフト)
  • ドン・キホーテ
  • Workman(ワークマン)

といったように、比較的大きい実店舗に置いてあるようです。

Amazonや楽天、モノタロウなどのネットショップはもちろん取り扱っていますので、探しに行くのが面倒な場合はそちらをチェックしてみてはいかがでしょうか。

キムワイプはDAISO(ダイソー)やヨドバシカメラの売り場にある?

結論から申し上げると、ダイソーにはキムワイプは取り扱っていません。

その代わり、ダイソーのキッチンペーパーがキムワイプと同じ様に使えると話題なので、ダイソーにキムワイプが売っていると勘違いしている人がいるようです。

確かにダイソーなら一箱100円、キムワイプは1箱250円くらいなので割安ですね。

一部のヨドバシカメラでは取り扱っています。
ヨドバシ.com(ヨドバシ・ドット・コム)でも注文することができるので、チェックしてみてくださいね!

https://www.yodobashi.com/maker/0000008096/

キムワイプはファンが居るほど大人気

魅力あふれるキムワイプは様々な人の心を鷲掴みする様に、たくさんのファンが存在します。
中には行き過ぎるファンも存在しますが…

Twitterではキムワイプ柄のマスクを作る人も

この様にキムワイプにはディープなファンが存在していて、キムワイプを主としたグッズなどを日々制作しているようです。

実際にマスクにもなるキムワイプ、万能ですね。

マスクにも使えるキムワイプ「キムマスク」

キムワイプを利用した自作マスクを制作する人も現れています。
キムワイプのマスク、その名も「キムマスク」です。

キムワイプで自作するマスク「キムマスク」の作り方【花粉・飛沫対策に】
新型コロナウィルス(COVID-19)の影響によってマスクの売り切れが続いています。花粉症対策マスクとして、どこの家でもあるキムワイプを使ってマスクを自作してみます。キッチンペーパーのマスクよりもゴワゴワ感が小さく、紙くずが出にくいので快適度が高い気がします。

キムワイプ4枚と輪ゴム、ホッチキスだけで制作できる簡易マスクで、そのサイズ感と意外とちゃんとした見た目、機能性が評価を得ています。

キムワイプをマスクの内側に入れて効果アップ!

キムワイプとマスクに関する話題は花粉症にも効果を発揮します。

いつも使っている紙マスクや布マスクの内側にキムワイプを数枚広げて置くだけで、その細やかな繊維質がフィルターとなり、外の花粉やホコリを防いでくれます。

ウレタンマスクの効果が心もとないと昨今言われていおりますが、キムワイプを使って花粉症対策してみては?

キムワイプはおいしい!?

キムワイプと検索フォームに入れると「キムワイプ おいしい」とサジェストで出てきます。

もちろんキムワイプは食べ物ではないので、美味しいという情報はどこから来るのか調査してみました。

2ちゃんねるのAA(アスキーアート)が元ネタ説

2ちゃんねる掲示板で話題になった「ティッシュおいしい!」のアスキーアートが元ネタになっていて、そのティッシュをキムワイプに置き換えた説が濃厚です。

そもそも、ティッシュすら食べ物ではないのですが、一部の愛好家の中では食べ比べなどをしているようで、鼻セレブなどの保湿系ティッシュは甘い味がするそうです。

4月1日のエイプリルフールには「食用のキムワイプ」も登場

実際にキムワイプを食べた人も

キムワイプ公式がエイプリルフールのネタとしてキムワイプを食用にしていましたが、実際は食べることはおすすめしません。

そんな中、Youtubeではキムワイプを調理して食べた人も存在します。

確かにキムワイプはパルプを原料とした繊維質ではありますので、こうやって揚げ物にすれば「大葉の天ぷら」のような食べ方としても通用…するわけないじゃないですか。

そもそも食用として作られているものではないのでこの人のように食べることはおすすめできませんね。

タイトルとURLをコピーしました